インド

色んな意味で面白かった、インドの動物園に行ってみた話。

投稿日:

コルカタ滞在中、近くに動物園があるということでおもしろそうなので行ってきました!インドの動物園なんて想像できません・・。

動物園に入る

やって来ました動物園。なんだか人がたくさんいます!屋台もずらーっと並んでいて楽し気な様子。まずはチケットを買います。

まさかの30₨(51円)・・・。う~ん大丈夫かな、心配になってきました。でも、とにかく入ってみましょう!

いろんな動物たち

奥に進んでいくと動物たちがいました、でも頑丈なフェンスで中がよく見えません。

ズームで撮ってみます。しっぽの長いおさるさん、遠いな~

お散歩中のカメさんにもズーム、これは可愛かったです!

サイのうしろ姿。たたずんでいる。

なにしろ広いので、動物たちの気まぐれによって全然見えません。

他にもライオン、ゾウ、シマウマなどのコーナーがありましたが、遠くてよく見えませんでした。残念です!

やたらと多い、鹿さんコーナー

そして、あるエリアからずーっと鹿さんコーナー。進んでも、進んでも鹿ばっかり。

いろんな種類の鹿がいるみたいなのですが、私にはみんな鹿に見えました。

私の住んでいる地域にもたくさんいるな~と、なぜかふるさとを思い出します(笑)

熱気につつまれたヘビ園

さらに奥へ行くと、広い動物園の中にヘビ園がありました。大きなヘビが見れるかも!と入ってみます。

ちょうどインドの学生さんたちと同じタイミングでした。みんなでヘビを見に行きます!

わーわー!きゃーきゃー!みんな押し合い、見学しようとします。

結局この勢いに押されて、ほとんどヘビを見ないまま外へ出てしまいました。。

まあ、ヘビは見なくてもいっか・・。

のんびり泳ぐホワイトタイガー

最後にホワイトタイガーと対面です。

泳いでいるので頭しか見えませんが、本当に白い!

しばらく待っていても陸に上がる様子はなく、あきらめましたが、初めて見ました白い虎!

ホワイトタイガーはベンガル虎の白変種で、ネパールやインドに生息したとされていますが、現在は飼育下でしか目にすることができないそうです。

白くて珍しい、と言う理由で人工的に維持されているらしく、あらゆる障害も見られるそうです。

そう言う真実は、表からは隠れて見えないものです。私は、そうゆう声を上げない存在たちに寄り添っていけたらいいな。

全体的に広くてのんびりしていた動物園

日本で動物園に行くとなると、気が進みません。どうしても、狭くて窮屈でかわいそうだと思ってしまうからです。

でもインドの動物園は、あまり見物する人のことを考えていなく、どちらかと言うと動物たちも自由に優雅に過ごしていたのが印象的でした。

最後にチャイで一休みして、帰りました。

インドの動物園はこれで終わりです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

Sumi

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-インド

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.