フィリピン

フィリピン英語留学!1か月記録。

更新日:

英語が喋れるようになりたい!

海外に長期で行くことが生きがいとなった私は、色んな国にできるだけ長く滞在したいと考えるようになりました。

そして外国に、女一人で行くとなると英語力のレベルは必要だと感じていました。

インドで少し怖いことがあり、なおさら実感することに・・。

そこで、長年コンプレックスだった英語能力をなんとかしたい!と思い短期留学することにします。

人生初、短期留学を決意!

英語留学~国選び

まず初めに国を選びます。英語が勉強できる語学学校があるのはネイティブ圏(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど)とは限りません。

なので、自分の目的や、行きたい国に行き勉強することができます!

私の国選びの基準は、その時アジアにすごく惹かれていたためインドかフィリピンの2択を検討していました。

アジアの学校は、アメリカやオーストラリアに比べて費用が半分もしくはそれ以下の所が多いです。

物価が安いため滞在中の生活費など、コストも抑えることができます。

そして考えた結果、まだ行ったことのないフィリピンへ行くことに決めました。

なんとなく、南国のトロピカルな感じをイメージしてわくわくしていました。

学校選び

フィリピンはネイティブ圏ではありませんが、第2公用語が英語のため、喋れる人がたくさんいるのが特徴です。

大きく分けて、「セブ島」と「マニラ」に多くの学校があります。

どこの学校に行くかはインターネットで色々調べました。英語の学校は本当にたくさん(特にフィリピン)あるので迷ってしまいます。

予算、授業方針、滞在方法など選ばなくてはいけないことがたくさんあります。

また、アジアの英語学校はネイティブ講師がいない学校もあるので、そこは慎重に選びました。

そして私はCIPLSというセブ島にある老舗語学学校に決めました。

学校選びのポイント

まず、私が優先順位をつけたことは、

1 ネイティブ講師がいること

2 プログラムに一対一授業が多くあること

3 生徒が多国籍であること

4 学生寮がセットであること

5料金がとび抜けて高くないこと

この5つです。

最低この5つの項目は、学校のHPに載っていたりするのでチェックしてみて下さい♪

出発前までに準備したこと、持って行ってよかったもの

航空券を無事ゲットして、学校へ行く手続きも終わりました。

多くの語学学校は当たり前ですが、外国人を受け入れているため、滞在に必要なことは大体やってくれます。

ここでは生活する上での準備についてお話します。

まず、セブ島の気候ですが一年を通して30度前後。朝は涼しいですが、基本暑いです。

服装は半袖で良いと思いますが、学校では冷房がかなり効いているので長袖の羽織るものがあると安心です。

ちなみに、現地で服も買うことができます。モールがたくさんあり、可愛いものがたくさん売っています!

むしろ私が持って行ってよかったものはトイレットペーパーです。学校や寮には用意されていなかったので、持って行ってよかったです。

もちろんペーパーも売っていますが、現地のは巻きが少なく(笑)高いので、毎日使うものは結構お金がかかってしまいます。

あとの物は手に入るので、そんなに心配しなくても大丈夫でした。

授業の様子

CIPLSでの英語学習や授業がどのようなものだったのか、一日のスケジュールを元に見てみましょう!

(私の選択していたコースは「スパルタ」でした。)

一対一:50分5コマ

4人グループ:50分2コマ

8人グループ:50分2コマ

選択クラス:50分1コマ

自習:50分2コマ

*ネイティブ講師の授業は8人グループです。

朝9時前から始まり、終わるのは夜9時半でした。それが毎日月曜日から金曜日まであります。

本気で、真剣に勉強すると結構ハードです。でも、フィリピンの先生は真面目な人が多く、授業内容は満足でした。

一対一の良さは、2人きりなので喋らなきゃ!と駆りたてられるところでしょうか・・・。自信がないとどうしても発言できなくなります。

一対一の部屋

1か月後の変化~留学の効果

一番気になるところは、留学して効果があるのかないのか、ではないでしょうか。

結論から言うと、1か月ではほとんど変化はありません。(本気で朝から晩まで勉強したとしても)

そもそも英語を勉強したいと思う人は、英語が喋れるようになって外国人とうまくコミュニケーションがとれるようになることが目標だと思います。

始めたレベルにもよりますが、まず一か月でビックリするほど喋れるようにはなりません。これは私達が日本語を習得した年数を考えるとわかりやすいです。

「英語がペラペラになる」にはそれなりに時間もかかる。

これが、結果です。

留学しても意味ないの?

では、全く意味がなかったのかと言うとそんなことはありません!むしろ私は、たくさんお金をかけて1年、2年と長期で留学するよりも1か月さくっと行って本当によかったな、と思いました!

なぜなら、英語に対するやる気が本気で出たから!

これが一番大きな収穫でした。1か月間、自分の出来なさを毎日感じていました。心が折れそうなほど(笑)

そして、本気で勉強していつか外国人と楽しくお喋りしたい!そう思い、帰国してからも毎日のモチベーションを維持できています。

なので、行ってよかったな~と今でも思っています。

悔しさは、その後必ず力になる!

人生で色んな事にチャレンジすることはそれ自体が生きがいとなります。

ちなみに「生きがい」は英語に訳すとちょっと意味が違ってきます。これは日本語特有の良い表現ですね。

私は、「いろんな国の人と交流して、その人たちが何を思って生きているのか知りたい」と強く思っています。

それが私の生きがい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

セブ島編、まだ続きます!お楽しみに~

Sumi

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-フィリピン

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.