南インド

ニヤルダム・シバナンダヨガアシュラムの1日。

更新日:

南インドでヨガをする④

シバナンダヨガアシュラムでの生活がスタートしました。

アシュラムの雰囲気や1日の生活の様子などを紹介します!

アシュラムってどんな所?

南インドケララ州トリバンドラムの山奥にひっそりとある、シバナンダヨガアシュラム。

ここに居るだけで癒される自然豊かな場所。

アシュラムの周り

アシュラムはトリバンドラムの「ニヤルダム」と言う所にあります。

その名前のとおり、近くにはダムがあります。

シバナンダヨガアシュラムには世界中から人が集まってきていました。みんなヨガやパンチャカルマ(*)が目的でやって来た人たち。

*パンチャカルマとは、インドのアーユルヴェーダの入院治療のこと。シバナンダヨガアシュラムではアーユルヴェーダのドクターがいて、パンチャカルマを受けることができます。

それ以外の観光地は特になく、この近くは旅行者向けのホテルや宿もありません。

大きな大きな湖があり、インド人が洗濯や、お風呂、歯磨きをしたりするのをよく見かけました。

泳いでいる人もいます。

水と緑に囲まれた、ヨガをするのに最適な場所でした。

アシュラムの中

アシュラムの入り口は一つ。塀に囲まれていますが、外と変わらず自然はいっぱい。(蚊もいっぱい)

ちょうど真ん中にあるこの大きなホールは、毎日のサットサン(グループメディテーション)、ヨガのレッスンが行われるメインホール。

風が吹き抜けて気持ち良いです~

まるでジャングルの中にいるみたいです。

私がアシュラム滞在中にとてもよく眠れていたのは、この自然の力なのかもしれません。

女子ドミトリーのラクシュミー。夜は明りが少ないので真っ暗になります。

足元に注意してくださいね。

アシュラムの中にはカフェや売店があり、毎日決められた時間にカルマヨガで担当している人が店番をします。

インドの相場より高めな設定ですが、金曜日以外は町に外出できないのでココアやチャイを飲んだりしていました。

フレッシュフルーツスムージーや、チーズトーストなどの軽食もあります。

みんな楽しそうにお喋り。のんびりとした時間が流れます。

他にも、毎日お祈りする神様プレイスや先ほど言ったパンチャカルマのトリートメントする部屋などもあり、アシュラムはとても広いです。

スケジュール

アシュラムは基本的に毎日同じ時間に決められたことをする、規則正しい場所。

1日のスケジュール、1週間のスケジュール、そしてヨガやレクチャーのサイクルが決まっています。

1日のスケジュール

朝、6時前に起床の鐘が鳴ります(警備員さん手動)。まだ暗い中、アシュラムの1日が始まりました。

06:00 サットサン

1日2回、朝と夜に全員で集まり時間を共有します。

瞑想から始まり20~30分静かに座ります。次にみんなで歌を歌い、最後にスワミシバナンダの本や教えをスタッフが紹介します。

朝も夜も内容は同じ。

7:30 ティータイム

小さなお菓子とチャイをいただきます。これが朝ごはん代わりでした。

8:00 ヨガ(アーサナ)

午前中のヨガレッスン。呼吸法からはじまり、シャバアーサナで終わります。

10:00 ブランチ

ここでようやくちゃんとしたご飯が食べられます。

食堂にはテーブルはなく、地べたにゴザをひいて座って食べます。

ご飯はすべてベジタブルミールス。毎食毎食、本当においしい料理で、体が喜んでいました。

11:00 カルマヨガ

カルマヨガと言って、見返りを求めず行う奉仕活動をこの時間にします。

ゴミを片づけたり、ドミトリーの掃除をしたり。

私のカルマヨガはサットサンの準備だったので、早朝と夕方に活動していました。

入って初日か次の日に、カルマヨガを割り当てられます。

12:00 メディテーションレクチャー(参加自由)

12:30 アーサナコーチング(参加自由)

瞑想とポーズのことでわからないことがあれば、個別に教えてもらうことができます。

私はこの時間に洗濯をしたり、お昼寝したり、散歩していました。

外出も14:00までOKです。

よく、アシュラム周辺をお散歩していました。

湖を眺めながら、近くのお店の手作りバナナケーキを食べる。

揚げたてサクサク、おいしいです~♪

14:00 レクチャー

ヨガとは何か、瞑想とは何か、カルマとは、アーユルヴェーダとは・・・。

1時間くらい、毎日違うトピックでレクチャーがあります。

アシュラムが一番大切にしているのはこの時間。

参加しないと本気で怒られます(笑)

15:30 ヨガ(アーサナ)

午後のヨガレッスンです。内容は午前中と同じ。

18:00 夕食

ベジタブルミールスの夜ご飯。

20:00 サットサン

朝と同じ内容。1日の終わりもサットサンで締めくくられます。

10:00 消灯

アシュラムの規則正しい1日が終わります。電気が消され、真っ暗になるので、明日に向けて早めにお休みしましょう。

お疲れさまでした。

1週間のスケジュール

サイレントウォーク

週に2日、天気が良い日は朝起きてみんなでウォーキングをします。

おしゃべり禁止のサイレントウォーク。

エネルギーを歩くことに集中させながら、目的地まで淡々と歩きます。

いつもだいたい同じ場所で、湖のほとりでサットサンをしました。

このサイレントウォークが私的にとても好きで、終わった後は頭がスッキリする感じがしました。

フリーの日

基本的に毎日同じですが、金曜日だけは丸1日外出できます。

この日に町まで出かけて買い物や、少し遠くへ観光などもできました。

バスで30分くらいの所にkattakadaと言う小さな町があり、スーパーマーケットなどもあるので必要な買い物はそこでしていました。

kattakadaにあるおいしいレストランvismaya。

アシュラムのごはんで満足していましたが、vismayaの料理はまた違うおいしさ。

ガッツリしたものが食べたくなった時、アシュラムで出会った人たちとランチへ出かけていました。

アシュラムの中と違って、外は慌ただしい。

金曜日に外へ出ると、そのギャップの激しさを感じました。

または、アシュラムでは通常通りヨガのレッスンもあるので、いつもどおり過ごしても大丈夫です。

以上が大まかなアシュラムライフでした!

ただ、自分の心地よいを大切にした1か月。

かなりスピリチュアルな生活だったと思います。

シバナンダヨガ、アーサナについては、次に紹介しますね!

南インド編まだまだ続きます♪

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-南インド

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.