タイ

チエンマイ④毎日食べたいタイ料理パッタイと、一人を楽しむ方法

投稿日:

本場のタイ料理を食べたい~!と日々歩き回り、チェンマイの色んなお店に行きました。

ひとり旅のデメリットを一つ上げるなら、たくさんの種類を食べられないこと。

色んなものをちょっとずつ食べたいのですが、残してしまうことになり申し訳ないですよね。

一番好きなタイ料理

チェンマイに滞在できるのは約1週間。

その中でなるべく色んな種類の料理を食べようと思っていた私が、どうしても誘惑に負け、毎日必ず1回は食べていた料理があります。

本場の味は、美味しすぎる!

知っている人も多いタイの代表料理のひとつ「パッタイ」

タイ料理の中で私が一番好きな食べ物パッタイをチェンマイで毎日食べ歩きました。

その魅力を熱く語りたいと思います!

タイの焼きそば、パッタイ

パッタイとはいったいどんな料理なのでしょうか?

英語ではPad Thaiと表記され、米の麺と野菜や卵を炒めた料理で、日本だと焼きそばが近いイメージかと思います。

調味料に干しエビやにんにくを使い、少し砂糖も入っていてほんのり甘めの味付けです。

チェンマイで初めて食べた本場のパッタイに感激

卵のパッタイ(Phad Thai with Eggs)

45バーツ

泊まっていたゲストハウスの近くで食べ、その美味しさに夢中になってしまったパッタイ。

今までも食べたことがあったタイ料理ですが、本場のパッタイは一味も二味も違いました。

ライスヌードル、野菜、卵、豆腐、エビなどが入っていて、ボリューム満点、コスパも最高でした。

味付けは塩こしょうベースでタイ料理の中でもパッタイは特に食べやすいと思います。

テーブルには砂糖が置いてあり好みでプラスするみたいなのですが、すでに甘味はけっこうあったのでそのまま食べました。

本当に美味しくて、この日からすっかりハマってしまいました。

お店の場所です。

野菜がシャキシャキで麺は太めのもちもち食感、油っぽさを全然感じません。

ここのパッタイは一番おすすめです!

営業時間:11:00~20:00

誘惑に負けてポークパッタイを食べる

本場のパッタイに感激してからと言うもの、毎日1食は必ずパッタイを注文していました。

違うものを食べようと思っても、メニューにあれば頼んでしまいます。

これも美味しかった、ポークパッタイ

40バーツ、安~い!

豚肉が入っているだけですが、他のパッタイとはまた違った味でした。

このお店は米麺が細めで、味が絡んでとても美味しかったです!

お店の場所です。

ごはん時になるといつもお客さんでいっぱいでした。

外国人向けのカフェのようなお店で、スイーツやコーヒーなどのメニューもありました。

タイ料理は本格的で、こちらもおすすめです。

営業時間:11:00~20:00

店員さんおすすめのタイ料理

いつものようにパッタイを注文しようとした時、店員さんが「これがおすすめですよ」と教えてくれた料理。

Phat See ewと言う、世界でも人気のタイ料理だそうです。

初めて食べる料理の美味しさにびっくり!

もちもちの平米麺、豚肉、卵、ねぎを炒め、中華風の醤油で味付けした麺料理。

(パクチーは苦手なのでそっと抜きました)

パッタイに似ていますが、それよりこってりしています。

とにかく麺が特徴ある面白い食感で、もちもち、つるつるでした。

もちもち食感好きにはヒットする料理だと思います。

見た目よりボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。

おすすめしてくれた店員さんありがとう!

タイへ行ったらぜひ食べてみて下さい♪

食べることが大好き、だから旅も本当に楽しい!

前から思っていましたが、私は本当に食いしん坊で食べることが大好きなようです。

海外へ行く動機の90%くらいは、現地の美味しいものを食べることで占めている気がします・・・。

あれは何ていう食べ物だろう?

こんなに美味しい食べ物がこの世にあったんだ!

一人で市場を歩き珍しいものを見たり、勇気を出して海外のローカル食堂へ入って店員さんおすすめの料理を食べたり。

その国で自分的にヒットした食べ物を日本に帰ってから作ってみたり・・・。

それが生きがいと呼べるほど、楽しくて楽しくて仕方ありません。

五感の全てがフル回転するような、私だけの旅。

だからこそ、ひとり旅でも100%楽しむことが出来るのかもしれません。

2人や大勢で旅することももちろん大好きですが、一人の時は私自身と対話できる貴重な時間だと思っています。

そして年齢を重ねて色んなことを経験していく中で、あんなに大嫌いだった自分といつの間にか仲良くなっていました。

未知の場所に一人で行くことは楽しい事だけではありません。

時には困ったことや怖い事もたくさんあり、しかし自分一人でなんとかしなくてはいけない状況。

その困難を解決できた瞬間。

目的地や行きたい場所へ自分の力でたどり着くこと。

それら全ての過程を少しずつ(時には大胆に)進んでいく中で大きな大きな自信がつきました。

海外へ一人で行くことも大丈夫だと思えるのは、私が私を信じられるようになったから。

それから、旅だけではありません。

生きることに不安を感じることがあったとしても、自分の気持ちを最後まで感じて小さな声に気づいてあげれば、不安や心配は必ず希望に変えることができます

私は、私を信じてる。

人生の最後まで一緒にいるのは、誰でもない自分自身。

もし「一人だから・・・。」と寂しさや不安や劣等感を感じている人がいれば、

「大丈夫、それは自分自身を知ることができる、神様から与えられた大切な時間だよ。」

そう伝えたいです。

ひとりは悪い事じゃない、ひとりは孤独ではない。

一人でも美味しいものを食べに出かけてみよう。

一人でも素晴らしい景色を見つけに冒険しよう。

あなたがあなたの人生を楽しみ、輝く毎日を選択し始めたなら、

たくさんの目に見えない存在があなたをサポートしてくれていることに、いつか気がつくでしょう。

あなたが人生を、なんのしがらみもなく楽しめることを祈っています。

つづく

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-タイ

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.