ミャンマー

ミャンマーひとり旅2【クリスマスの夜、バンコクで空港泊】

投稿日:

日本からヤンゴンまでの空の旅

日本からミャンマーのヤンゴン空港までの旅の記録です。

【フライトスケジュール】

成田第2ターミナル20:15発・・・バンコク(DMK)1:25着

バンコク(DMK)7:30発・・・ヤンゴン空港8:15着

途中、タイのバンコクでの乗り換えがあります。

到着するのは明日の朝。わくわくする気持ちで出発しました!

クリスマス一色の空港でひとりクリスマス

2019年のクリスマス、成田空港へやってきました。

クリスマスに成田空港へ来るのは初めて。

空港の中はクリスマスムードでベンチにはサンタさんが座っていました。

色んな所にサンタさん。クリスマスプレゼントが欲しいな~。

出発までまだ時間があり、何かクリスマスらしい気分を味わいたかったのでカフェでケーキを食べました(笑)

海外へ行くのは楽しみですが、一緒に住んでいるおばあちゃんを置いて行くのは少し寂しいです・・・。

そんな寂しさを感じつつ、ケーキはちょっぴり切ない味でした。

タイ・エアアジア

荷物検査と出国審査を通り、いよいよ出発の時間になりました。

今回ミャンマーのヤンゴンまでは「タイ・エアアジア」を利用します。

飛行機の中は赤で統一されています。

エア・アジアはLCCなので注文しなければ機内食や飲み物のサービスはありません。

ランダムに指定される座席は真ん中だったので、今回は追加料金を払い(2000円弱)通路側の席へ変更しました。

そして、1:30バンコク(DMK)まで約6時間の予定通りに到着。

夜のフライトは寝ていればあっとゆう間に着いてしまいます。

ここから乗継時間が6時間ありバンコクを出発するのは朝なので、それまでベンチで仮眠をとりました。

前回チェンマイへ行った時もバンコクで空港泊でしたが、下の階で寝たら寒すぎたのを覚えていたので今回は2階のベンチで休みました(笑)

空港の光は眩しいくらいでしたが、疲れていたのかぐっすり寝てしまいました。

朝になり、人もたくさん増えていきます。

同じ姿勢で寝ていたので体がバキバキです(笑)ストレッチをしましょう。

フルーツとカフェオレで軽く朝ごはん。

バンコクの空港はフードコートが充実しています。

ヤンゴン行きの出発時間になりました。

バスで私たちが乗る飛行機まで向かいます。

ヤンゴンまでの飛行機は成田からバンコクまでの飛行機と違って小柄でした。

外から見ると「こんなに小さいの?」と驚きますが、中は意外と広いのが不思議です。

フライトの時間は約2時間、いよいよミャンマーが近づいてきました!

ドキドキ、わくわく、この瞬間がとても好きです。

神秘的な太陽はいつもそこにある

飛行機に乗る前ちょうど見ることが出来た朝日。

ここはタイだけど太陽は日本で見るのと同じ太陽。

そしてきっとミャンマーへ行っても同じ太陽が迎えてくれる。

毎日の忙しさの中ではすっかり忘れてしまう太陽のことも、国から国へ移るときにはとても大切な神秘を感じます。

私はこの体と一緒に地球の上を旅して、そしてまたそれも宇宙の一部となっていることに気づく。

大切なことを忘れて、自分を忘れてしまった時、太陽や月がメッセージをくれる。

「そっちじゃなくて、ここにいるよ。」

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-ミャンマー

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.