インド

コルカタさんぽ。街並み、マーケット、スイーツ?

投稿日:

歩けば歩くほど発見がある大都会

私がボランティアのため2か月間滞在していたコルカタ。この町の魅力をまだ伝えていないな~と思ったので紹介します。

暇があれば、町をひとりでぶらぶらしていたので(笑)市内はだいたい巡りました!良くも悪くもインド臭さがたっぷりの町をお楽しみください♪

歴史を感じる街並み

コルカタは昔イギリス支配の都市でした。そのため良く知られている名前は「カルカッタ」ですがこれは英語名で、最近ベンガル語の「コルカタ」になりました。

メイン通りに残る古い建物

なんとなくインドっぽくない建物が見られるのもその影響。ですが、古くてしっかりした建物が残っています。

こちらはコルカタのメイン、チョウロンギ通りに面した場所なので、いつもたくさんの人と交通量。

人の怒鳴り声や、大きなクラクションが常に鳴り響き、歩いていると五感が刺激されます!

インド博物館

メトロPARK STREET駅のすぐ近くに、1814年に設立されたかなり古い博物館があります。白い洋風の建物が目印。

芸術、考古学、人類学、動物学、地質学、植物学などのブースに分かれています。

仏陀の像がいくつもあるブースがありました。インド=仏陀が悟りを開いた場所。これはその中でも良いな~と思った仏陀さんです。

展示物の数は博物館の中でもかなり多い方で、全部しっかり見ると時間もかかります。私は歴史が好きなので、ここはぜひ行きたい場所のひとつでした。

インドの歴史がわかる絵画もあり、面白かったです!

ただ、入場料がインド人20₨に対し、外国人は500₨と10倍しました。インドの施設はだいたいそうゆう設定・・・。

セントポール寺院

インドの中でもかなり古い教会です。中はステンドグラスの窓に囲まれ、華やかさはなく、古いけど落ち着いていてとても良い感じの雰囲気でした。

コルカタの喧騒に疲れた時には癒される。周りとは切り離されたような空間です。

この教会の中にはコミュニティーセンターがあり、インド人の友達と、よくお昼ご飯を持ち寄って食べていました。

悩みがある人の無料相談や、手助けをしているグループだそうです。とても良い人たちでした。

お腹がすいたら食べ歩き

色んな場所で小さい屋台を見かけます。インド人は一日に間食を何度かするので、種類もたくさん。気になるものはトライしてみます。

ジャレビー

コルカタにもあります、あの甘い食べ物!歩いていると甘~い香りがしてきました。

いわゆるドーナツのシロップ漬け。

一口食べると、歯が溶けそうなほど甘いです。本当に本当に甘いです!(2回言います)

1つだけ買って食べてみましょう。

色んな種類の甘いお菓子

インド人は本当に甘いものが好きで、コルカタでは小さい和菓子の様なスイーツがたくさん売られています。

一つ一つが、歯が溶ける甘さ(笑)ですが、中にはとっても美味しいお菓子もありました。

その他の軽食

甘いもの以外もサモサやエッグロール、モモなど、ご飯にもおやつにもなる軽食があります。どれも安くて手ごろに食べられるのが良い所です♪

ただ、お腹を壊すのが心配なので、あまり汚いお店の物は食べない方がよいでしょう。

活気あふれる!マーケット

コルカタの人たちの食を支える市場を見てきました。私はマーケットを歩く時が一番テンションが上がります(笑)

観光客はまず見かけない、地元の人向けマーケット

メトロNETAJI BHAVAN駅から歩いて少しすると、色んな物がずらーっと並んでいるのが見えてきます。マーケットに決まった入り口や出口はありません。

好きな所から入りましょう!

野菜や果物もたくさん種類があります。インドの野菜を見て思ったことは、大きさはバラバラで見た目も良くないけれど味はとてもしっかりしている。

2か月間滞在していた間、生きた食材を食べていたからか、体がどんどん元気になっていくのを感じました。これが本当の生命力ある野菜。

インド料理に欠かせないスパイスも売っています!

あまり観光客が来るような所ではないので、適正価格で売ってくれます。小袋になっているスパイスをたくさん買いましたが、安くて質も良かったです。

魚も無造作に置かれています。

そしてお肉。肉はその場で捌いて売られています。どこのマーケットでもパック詰めされた肉や魚は見かけません。

インド人は骨ごとついた肉を袋にぶら下げて買っていきます。

肉については色々思うことがあり、人間、肉を食べるなら最初から最後まで見るべきだよな~と(これは自分にも言えること)。

日本でスーパーに行けば、すでに羽も頭も足も取られた物がパック詰めされて売られています。それって実は異様な光景だとインドへ来て気づきました。

肉を食べても食べなくてもどちらでもいいと思いますが、私たちはこうやって命をいただいて生きているということを忘れてはいけないと感じました。

地球は、陸から海、空まで繋がっていて、みんな最後は土に還ります。命は巡るって意味は意外と深いですね。これについては長くなるので(笑)また機会があればその時に・・。

最後に、コルカタへメッセージ

嫌なことや、怖いこともあったけど、この場所に来たのはただの偶然ではなかった。

今でもメトロ駅の名前を聞くだけで、その場所の音や匂いまではっきり思い浮かんできます。

マザーテレサのボランティアが目的なだけだったのに、すっかりコルカタが故郷みたいになってしまいました。

また行けたらいいな。私の大好きなコルカタ。たくさんの人に出会わせてくれ、色んな経験をさせてくれてありがとう!

いつか、また絶対行くからね。

おしまい

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-インド

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.