南インド

インドの最南端、聖地カニャークマリまで行ってきた。

更新日:

南インドでヨガをする⑥

ちょっとインドの最南端に行ってみた編!

アシュラムは毎週金曜日がフリーです、その日を使って観光に出かけてきました。

美しい景色をお楽しみ下さい♪

シバナンダアシュラムから1日ツアー

今度の金曜日何しようかな~と考えていたところへ「カニャークマリ行かない?」とアシュラムで出会った友達に誘ってもらいました。

カニャークマリとは、アシュラムよりさらに南へ行った、インドの最南端にあたる地域のことらしいのです。

面白そうなので、ご一緒させてもらうことにしました!

ちなみに不定期でアシュラムでバスを貸し切り、1500₨でカニャークマリまでの1日ツアーがありますが、その友達は土曜日に帰ってしまうため今回、個人的に手配しました。

アシュラムのレセプションに行き、カニャークマリまで行きたいと伝えると、スタッフがタクシーの運転手さんに電話してくれます。

行きたい名所と料金を交渉して、一人1000₨ほどで1日チャーターできました。

主なプランは、パドマナーバプラムカニャークマリへ行くこと。

この辺の名所などはよくわからないので、運転手さんにおまかせすることにしました!

次の日は7時に出発するので、外出許可を取りましょう。

アシュラムの外は、リアルなインド。楽しみです~!

出発!まずは朝ごはん。

アシュラムを出ると、すでにタクシーが待っていてくれました。

ドライバーさんはカナンさんだそうです、若くてあまり喋らない人でした。

隣に座っていたおばちゃん、カレーと米粉のパンを食べています

朝ごはんを食べていないので、まずは1日のエネルギーチャージ。

地元の人しかいない、ローカル食堂でした。

チャイとバナナフライで軽めに済ませます。

パドマナーバプラム

最初の目的地パドマナーバプラムに着きました。

パドマナーバプラムはトラヴァンコール藩王国が置かれたインド最古の木造宮殿といわれています。

こう言うのに詳しくないので、ふ~んと言う感じで見て回りましたが、アーユルヴェーダに使われた部屋などがそのまま残っていて面白かったです!

ちなみに毎度おなじみ外国人値段の上に、写真を撮る場合は追加料金でした・・・。

お昼ご飯

ドライブはとても楽しく、周辺の様子を見ながら進みます。

南インドはやっぱり穏やかだな~

途中でお昼休憩。

バナナの葉っぱに乗ったミールスが食べたかったのですが、運転手さんはあまり詳しく知らないらしく(ガイドではないのでしょうがないです)、こんな感じのランチになりました。

まあ、お皿がアルミかバナナの葉と言うだけの違いです(笑)

途中で寺院に立ち寄りました。

南インドで特徴的な寺院。

細かい彫刻が建物の下から上までびっしり。

何となく小道が好きです。

カニャークマリ

そして、到着しましたインドの最南端!

地図を見て実感しました。私今、インドの一番南に立っている!

車から降りて露店を通り過ぎます。

海が見えてきました~!わくわくします。

そして、着きました~!インドの最南端!感動!

この海に浮かぶ小さな島は、インドのヒンドゥー教の出家者スワミ・ヴィヴェーカーナンダが瞑想した場所。

ボートで行くことができます。

インド人観光客が多かったです。彼らにとって、憧れの聖地なのでしょう。

ベンガル湾・アラビア海・インド洋がひとつになるコモリン岬

3つの海がひとつになる・・・これもまた聖地と言われる理由の一つです。

とってもパワーを感じました。

ガネーシャにお祈り。

歩きながら、美しい海と青い空を見ながら、思いました。

まさか自分がインドの最南端に来ることになるとは思ってもいなかった・・・。

狭い部屋で、小さくなって泣いていたあの頃を思い出します。

その時は、こんなすばらしい景色を見られるなんて考えることも出来ませんでした。

人生なにがあるか本当にわからない。

生き方を変えたいと、思い切って行動し続けました。

時には怖くなったり、不安になったりもします。

本当にこの道でいいのかな?南インドへ行くことも、実はそう思う所も少しありました。

でも、インドの最南端まで来てこの海と空を見た時に、全部吹き飛んでいきました。

これでいい。行きたいと思う所へ行き、想像もできないようなすばらしいものを見る。

私がそうしたいと思うことは、そうなるようになっているのです。

これからも、さらに自分を信じて、人生に心を開いて、訪れる奇跡を受け止めて生きていこう。

絶対に大丈夫だから・・・

長い1日の終わり

アシュラムからカニャークマリに行って帰るのは1日かかります。

ドライバーさんも長く付き合ってくれました。

最後に、夜ご飯を食べて帰ります。

南インドで一番おいしいパン、ケララパロタとトマトカレー。

食べながら1日を振り返ります。

目を閉じてみると青い海が広がります。

カニャークマリの鮮やかな青い海と空は、強く私の中に残りました。

南インドに来て本当によかった!そう思えた1日でした。

これからがさらに楽しみです!

明日からまたいつも通りのアシュラムライフに戻ります。

南インド編まだまだ続きます♪

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-南インド

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.