インド

電車にドアがない?インドの電車に乗ってみた!インド人も迷うカオスなハウラー駅。

更新日:

めちゃくちゃ疲れた電車の旅。

コルカタから「ゴーハット」という駅まで行ってみたお話です。

出発はコルカタの大きな駅、ハウラー駅。

映画「LION/~25年目のただいま~」の物語に出てくる駅です。

「LION/~25年目のただいま~」・・・5歳から25年間迷子だったインドの男の子が、家族を探す旅にでる感動のノンフィクション。

駅のホームはすごい人です。

これでは迷子になるのもわかります・・・。

ここから頑張って自分の乗りたい電車を探しましょう。

一応時刻表は決まっていますが、ここはインド。

運に任せます。

インドの電車にはドアが無い?

そもそも電車にドアがあるというのが常識なのかどうか?それは私の中の思い込みでしかなかった。と何故か思ってしまうほどキレイさっぱりドアはありません!

駅に近づき電車がゆっくりになると人が飛び降りたり、飛び乗ってきます。

あれ、運賃とかいいのかな?

中からの様子。

この状態で電車は進んでゆきます。

途中リンゴやお菓子を売りに人が入れ替わり入ってきました。

そのリンゴがとっても美味しかったです!

電車はゆっくりと、景色を変えながら進んでゆく

コルカタから出発して都会から景色が変わっていきます。

色々な町を通過して、名前の知らない駅を通り過ぎます。

そこには、ガイドブックに載っていない自然体のインドがありました。

なんだかわくわくする。

私の頭の中には無かった、知らない世界たち。

コルカタの喧騒から離れて、1週間の田舎ステイが始まります。

つづく。

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-インド

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.