ベトナム

ベトナム一人旅【4日目ハノイ一日バスツアー②】古都ホアルー、ベトナム料理バイキング

投稿日:

ハノイ【4日目②】

ハロン湾クルーズがキャンセルになり、代わりにニンビン村日帰りツアーに参加することになった、ハノイひとり旅4日目。

今日はどんな1日になるのでしょうか。

1時間待って、やっとバスが来た。

予定の時間に待ち合わせ場所へ行ったきり、待っても待ってもバスが来ませんでしたが、1時間後にやっと来ました。

どうやら私は一番最後だったようなので、このハノイの渋滞した道を見ていたら怒りよりも、「良く来てくれた!」と思いました(笑)

ガイドさんはベトナム人です。あっさりしていて、事務的に進めていく感じでしたが、悪い人ではなくとても真面目な人でした。

ドキドキしながらバスに乗ると、満席で、色んな言語が飛び交っています。

席に着くとガイドさんから水のボトルを一本もらいました。

そしてバスはニンビン村へ向かって出発します。

バスツアーがスタート

今まで色々な国へ行きましたが、現地のバスツアーに個人的に申し込んで参加したのは初めてです。

バスの運転手さんです。

イヤフォンで音楽を聞いたり、誰かと電話したりしながら運転していました。

日本ではありえないですが、ゆるっとした雰囲気のベトナムっぽくて好きです。

ハノイ旧市街を出てしばらくすると、田舎の景色が見えてきました。

ハノイは都会だったんだ。

ツアーは皆、家族で参加している人がほとんどで、一人参加は私だけでした。

席も一人席だったので、移りゆく景色を見ながら進みます。

緑がキレイです。そして植物が大きい!

大都会ハノイにずっといたので自然を見て癒されます。やっぱりナチュラルがいい。

途中でトイレ休憩があります。

そしてよくあるお土産ショップへ降ろされました。

ベトナムのお土産がたくさんあり、欲しいと思ったものがあったのですが、値段を見るとびっくりするほど高かったので断念・・・。

色んなツアーのお客さんで一杯で、中にはたんまりお土産を買っている外国の人もいます。

私はトイレを済ませ、すぐにバスへ戻りました。

ハノイから1時間半くらいで、ツアーの最初の目的地が近づいてきました。

「古都ホアルー」と言う、かつての大都です。

【古都ホアルー】 昔、中国の支配下だったベトナムが解放された後、968年にディン・ティエン・ホアンがベトナム北部を統一しました。そしてホアルーに都が建都され、1010年にハノイに遷都されるまで都が置かれていた場所です。

バスを降りて、都の中まで歩いて進みます。

古い門をくぐり抜けるとかつての王朝が広がります。

左と右に、それぞれ別の王様がいたとガイドさんから教えてもらいました。

同じような建物が左右にあります。

王様が座っていた場所。

ベトナムの歴史的建物がなんとなく中国と似ているのは、かつて支配されていた背景があるからでしょうか。

私は歴史が好きなので、古くて昔のまま残された王都を見るのは楽しかったです。

ベトナム料理バイキングのランチ

ホアルー観光が終わり、お腹が空いてきたところでちょうどお昼ごはんになりました。

ツアーの楽しみはやっぱりごはん!

どんな料理が並んでいるのでしょうか!

レストランは観光客で激混み。でもかなり広いので問題なく座れます。

一人だったので、同じツアーのベトナム人家族と相席させてもらいました。

全部はお皿に乗せきれないほど種類が豊富でした。

ベトナム料理をたくさん食べられるのが嬉しい!

早速いただきます。

美味しい料理もあれば、いまいちな物もありました。

正直、ハノイのローカル屋台のように感激するものはなかったのですが、色んな料理を食べることができました。

お腹いっぱいごちそうさまです。

そしてバスは次の目的地に向かって出発。

そこにはもう、心が震える風景と体験が待っています。

続く

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-ベトナム

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.