南インド

ヘッドスタンドができない!シバナンダヨガを1か月続けてみた感想。

更新日:

南インドでヨガをする⑤

今回の内容はシバナンダヨガアシュラムのヨガのレッスンについて。

ヨガクラスの流れ

アシュラムでは毎日午前中と午後に2時間程度のヨガクラスがあります。(初心者コースと上級コースがある)

呼吸法から始まり、太陽礼拝、12のポーズを行います。

きちっとやると、結構ハードでした。

呼吸法

まず始めに呼吸法からスタート。

シバナンダヨガの特徴的な呼吸法は2つあります。

片方の鼻を手で閉じて、もう片方の鼻から吸い、閉じていた方の鼻から吐き出す方法。

カパラバティと言う、腹筋を使って速く強く息を吐く方法。

これを繰り返すことにより、全体的にスッキリしました。

シバナンダ先生が考え出した伝統的な方法を、弟子たちが引き継ぎ教えが広まっていったのでしょう。

私はあまり呼吸法に興味がないので、最初の30分ほどは暇でした・・。

太陽礼拝

次に太陽礼拝をします。

最初のクラス(ヨガクラスは毎月1日と15日にスタートし、2週間サイクルでプログラムされています)から徐々に増えていき、基本的には6回行っていました。

体を慣らすのが目的ですが、6回はハードです。

基本のポーズ

シバナンダヨガでは12のポーズをとることで、チャクラを活性化させます。

基本的には12種類のポーズしかありません。

私も1か月ひたすらこれを繰り返していました。

  • ヘッドスタンド(頭立ちのポーズ)
  • ショルダースタンド(肩立ちのポーズ)
  • ハラアーサナ
  • 魚のポーズ
  • 前屈
  • コブラのポーズ
  • バッタのポーズ
  • 弓のポーズ
  • ねじりのポーズ
  • 鳥のポーズ
  • 立ち前屈のポーズ
  • 三角のポーズ

最後にシャバアーサナ(屍のポーズ)でクールダウンして終わります。

中でも、注目を集めたのがヘッドスタンド。

アシュラムの仲間内で、たびたび話題になるのがこの頭立ちの逆転ポーズのこと。

ちなみに私は、1か月滞在中に1回もできませんでした。

初心者コースと上級コース

ヨガクラスは初心者と上級者向けに分かれており、自分の好きな方へ出席できます。

私はずっと初心者コースでしたが、どちらも受けた人に聞いたところ、初心も上級も内容はあまり変わらないそうです。

シバナンダヨガを続けた効果

毎日、ヨガをして私にどんな変化があったのか。振り返ってみました。

1週間

毎日、午前も午後も休むことなくクラスへ出席しました。

最初の3日間は筋肉痛がひどく(笑)太陽礼拝がかなりきつかったです。

1週間後には体がようやく慣れてきました。

相変わらず夜はぐっすり眠れます。

2週間

毎日、午前も午後も休むことなくクラスへ出席しました。

なぜか日に日に体がとても重く感じるようになっていきます。

2週間目には、緩やかな坂道を歩くのもやっと。

足がかなり痛かったので、おかしいな?と思いつつもストイックな性格のため、休むことなくヨガを続けました。

3週間

体の重さがさらにひどくなってきました。

「ヨガは毎日続けた方が効果がある」と言う頭の声にばかりとらわれ、体の声を完全に無視していました。(反省)

イタリア人のヨガ仲間に「あなた、そんなに長くいるのに1日2回もクラスへ出ているの!?to much ! to much ! 」と言われ、やっと休むことを決意。

3週間目は1日1回のヨガクラス、週に1日は完全offの日にしました。

4週間目

ヨガの時間を減らし、休むことを意識して生活しました。

私の心の癖はなかなか強いです・・・。

体力も回復し、自分の体と相談することを学びました。

ここへ来て、体がスッキリしていることに気づきます。

運動とヨガの効果で筋肉がつき、体が引き締まりました。

毎日お腹いっぱいご飯を食べていたのにもかかわらず・・・。

これはとっても嬉しい変化です!

ヘッドスタンドについて

私を悩ませたポーズ、ヘッドスタンド。ですが、このポーズと向き合うことで様々なことに気づきました。

自分の「できない」に向き合う

誰に言われるわけでもなく、自分が納得できない。

1か月間ヘッドスタンドが出来ないことが、本当に悔しかったです。

ヨガの教えでは、ポーズが出来る出来ない、上手い下手は関係ありません。

しかし、私はこのポーズができないことで自信をなくしてしまいました。

「ヨガアシュラムはヨガをする所。ヘッドスタンドが出来ない私はレベルが低い」そう決めつけて一人でいじけていました。

そして、ヘッドスタンドは難しすぎて私には絶対に無理!そうも思っていました。

ヨガのクラスではこの「できない」気持ちと向き合い続けていました。

絶対に出来ないと思っていたことが、出来た時の心境

結局アシュラムにいる間は、いくら練習しても一度もヘッドスタンドが出来ませんでした。

諦められなかった私は、帰国後も毎日地味に練習を続けます。

壁を使って練習したり、色々試行錯誤しながらコツコツしていました。

すると、1週間くらいで突然出来るようになったのです!

人生で一番嬉しかったかもしれません!(笑)

なぜなら、「絶対にこのポーズは無理だ。」と思い続けた1か月だったからです。

絶対に出来ないと思っていたことが出来た時の気づきは大きかった

私、何でも出来る!

そう強く思いました。

そして、自信勇気がお腹の底から湧き出てくるような感じがしました。

誰かに認められる人生じゃなくてもいい、だってヘッドスタンドが出来るようになったから!(笑)

心の声に思わず自分でも笑ってしまいました。

私にとってのヨガは、自分を丸ごと受け入れられるようになるためのツールなのかもしれません。

方法は何でもよい。

焦らなくても、大丈夫。

私は私であればいい。あなたはあなたであればいい。

そう思えたなら、この人生での目的はほぼ果たしているのです。

そして、その日はいつか必ず訪れると、初めから決まっているのです。

ナマステ・シャンティ・オンナマシバーヤ

すべての存在に感謝。

南インド編まだまだ続きます♪

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-南インド

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.