ベトナム

ベトナムひとり旅【1日目】ハノイ空港から市内へと、ビーガンレストランでベトナム初ご飯

投稿日:

1日目は移動の日。

フォー大好き!生春巻き大好き!

ベトナムに行ってみたいな~。

何となく、ベトナムは遠くて気軽に行けそうな国ではないと思っていました。

ですが、いざ調べてみたら日本から直行便が出ているし、飛行機の時間も4時間半~5時間くらい。

あれ?案外気軽に行けるかも!

そう思ったのが今回の旅の始まりでした。

ベトナムはご飯が本当に美味しい!」と言う声が多く、食べるの大好き食いしん坊の私は、美味しいベトナム料理に出会うためにハノイへ行くことにしました。

ハノイに到着

本当に思った通り、あっさりとハノイにやって来ました。

入国審査前は大混雑・・。

待っている間に日本であらかじめ購入しておいたSIMカードをセットしておいたので、すぐにインターネットが使えました。

立ちながらの作業でうっかりSIMを無くしそうになりました・・・。小さいSIMカード、無くすと大変なので注意です。

この、出口を通る瞬間がドキドキする~!

ベトナムってどんな国なんだろう?

ATMでベトナムドンを引き出して、すぐに市内へ向かいます。

ATMはノイバイ空港内のAGRIBANKで降ろしました。上限は300万ドン(15000円)

空港から市内まで一番安く行ける方法はバスなので、バス停を目指します。

出口を出ると真正面にあるはずですが・・・。

とりあえず外に出てみましょう。

暑くてもわっとする空気。

東南アジア独特の蒸し暑さを感じました。

この写真の左辺りに、路線バス乗り場があり、

「86」と書いてあるバスに乗れば、旧市街まで行くことができます。

無事に旧市街行きのバスに乗ることが出来ました。

値の張るリムジンバスや、その他のバスもたくさんあり、客引きも多少ありました。

それらを無視して、迷わずに「86」のバスに乗ればもう大丈夫。

旧市街まで片道VND35000(168円)でした。

これが空港から市内へ一番安く行ける方法だと思います。

旧市街で宿探し

空港から市内は離れていて、1時間くらいかけて旧市街に到着しました。

予約してある宿の近くでバスを降ります。

ベトナムの三角帽子をかぶっている人や、町の様子を見ると、ここで初めてベトナムに来たんだな~!と実感しました。

なんだかわくわくします。

色々見たい気持ちはありますが、まずは宿にたどり着くことが先。

ハノイの旧市街の道は狭くて、地図を見ていても迷ってしまいそう。

宿はどこだろう?

この辺りにゲストハウスがあるばずなんだけど、なかなか見つからない・・・。

Googleマップを見ながら探しても、宿の看板がどこにもありません。

地図はこの奥を差しているのですが、狭くて薄暗い雰囲気・・・ちょっと不安になってきました。

勇気を出して速足で進んで行くと・・・。

ありました!今日から2日間滞在するゲストハウスに到着。

看板が思ったより小さいけど、予約した宿の名前だ~。

ゲストハウスはさらに奥にあります。

部屋につくまで、「大丈夫かな?ホントに平気?」とドキドキです。

入り口でベルを鳴らすとオーナーさんが出てきてくれました。

部屋はここだけのようです。

無事に着いて本当によかった~。

日本の自宅を出てから18時間後にやっと一息つくことができました。

よかったよかった。

ベトナムで初めに食べたのは、体に優しいベジごはん

オーナーさんと少しお話した後、夜ご飯を食べに出かけます。

今日は暗くなる前にご飯を食べて、早めに休もう。

外に出ると急に雨が降ってきたので、親切なオーナーさんが傘を貸してくれました。

色々心配してくれて、ありがたいな~。

8月、ハノイは雨が多い時期です。

今夜は何でもいいから近いお店で食べようと思っていたら、ビーガンレストランを発見しました。

ベトナムのイメージにはなかったお店です。

気になったので入ってみることにしました。

全体が落ち着く雰囲気で、良い感じ。

メニューには野菜をいっぱい使った、体に良さそうな料理が載っています。

全部美味しそう~!

一人だとたくさん食べられないのを、いつも残念に思います。

揚げ豆腐とトマトのライスヌードルを注文しました。

79万ドン。

フォーとは違うのかな?フォーより少し細麺です。

薄味で、優しいお味・・・。

付け合わせの野菜は、ミントやシソなどのハーブで、食べるとスッキリします。

ミントはちょっと強いけど、シソはスープにとっても合います!

あったかいもの食べて、元気が出てきました。

1日目はあまり無理せずに、明日からのエネルギーをチャージしよう。

食べた後はすぐに宿に帰って、ゆっくり休みました。

明日からの楽しい旅を思い描いて・・・

色々心配していたこと。

想像しては不安になっていたこと。

生きること、時々すごく大変だな、と感じることがある。

「頑張らなければいけない。努力してもっと上を目指さなければいけない。」

周りからはそんな声が聞こえてくるかもしれない。

だけど、もっと違う何かがあるはずだ。

生き生きと、目に映る全てに「ありがとう」と言いたくなる人生を生きることができるはずだ。

それはもしかしたら、あなたの中の何かが目を覚ました合図なのかもしれません。

マニュアルなしの旅はものすごく不安で、孤独を感じることがあるでしょう。

だけど、上手く進まなくても、なかなか思い通りにいかなくても、希望を持ち続けたならきっとたどり着く。

迷っても、うまくいかなくても、大丈夫。

焦ったり、自分を責める必要も全くありません。

希望を持って、自分を信じて。

私が行きたい場所へ、あなたが行きたい場所へ、いつか必ずたどり着くことが出来るから。

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-ベトナム

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.