タイ

タイ・チェンマイひとり旅①【来週、タイへ行こう】

投稿日:

日本からチェンマイへ

人生は流れていく中で穏やかな日もあれば、途中で流れが滞りうまく進まない時期もありますよね。

タイへ行くことにしたその時は、そんな状況でした。

低迷なんてものは無く、川のように流れやすい場所とそうではない場所があるだけです。

ただ、いつも同じような選択では変化はなかなかありません。

今回は「こうゆう状況の時にまずありえないな。」と、自分でも無鉄砲かもと思う道を選択しました。

それが、タイ・チェンマイの旅の始まりです。

自由気ままなひとり旅、出発!

チェンマイへ行こう!と思ったのが出発の1週間前だったので、あまり色々計画している暇はなく、ほぼ無計画のまま出発しました。

結果とても良い旅となったので、力を入れて頑張って計画しなくても大丈夫ですよ。と言いたいです。

タイ・エアアジア

成田空港からチェンマイ王国へのフライトは往復でエア・アジアを利用しました。

【チケット】成田―バンコク―チェンマイ往復:32000円(機内食・荷物預け無し・エコノミー)

エア・アジアに乗るのは初めてです。

荷物少ない、機内食は無くても良い場合はとてもお得ですね。

成田空港を夜出発して、バンコクで空港泊、チェンマイに朝7時に到着するフライトでした。

たこ焼きを食べて、出発!(たこ焼きがすごく食べたかった。成田空港には銀だこがあります。)

希望しなければ機内食は付いていないので、飛行機に乗る前にお腹を満たしておいた方が良いかもしれません。

エア・アジアは席も広く、快適でした。

初めての空港泊

深夜1時、6時間ほどでバンコクドンムアン国際空港へ到着。

バンコクからチェンマイまでは1時間ですが、出発が朝の6時なのでそれまで空港で過ごします。

バンコクの空港内(乗継ぎエリア)のお店は深夜ほとんど閉まっていました。

搭乗口付近にはベンチがたくさんあり、人もほとんどいなかったので広々寝ることができます。

ただ、ベンチなので朝には体はバキバキになりますが・・・。

女子ひとり空港泊はちょっと不安でしたが、5時間無事に過ごせました。

*冷房が効いていて寒かったので、タイは暑くても風邪をひかないよう、羽織るものを持って行って下さいね♪

チェンマイに到着、SIMカードゲット

バンコクからあっという間にチェンマイへ到着しました。

空港でやっておきたいことは、お金を引き出す(または両替)とSIMカードを買うこと。

到着ロビーにATMがたくさんありました。

あまり色々気にせずに空いていたATMでお金を引き出します。

タイのお金は「バーツ」です。(タイ人の発音は「バー」でした。)

1バーツ=3,48円(2019年8月現在)

タイは日本に比べて物価が安いので、旅行中もそんなにお金はかかりませんでした。

お金の感覚は人それぞれなので参考にしかなりませんが、私は宿泊代込みで1000バーツ以下/日を目安に引き出し、足りなくなりそうだったらクレジットで支払ったりして調節していました。

旅行日数と換算して参考にしてみて下さい!

タイバーツをゲットしたので次はSIMカードを探します。

今回私は、AIS の15日用プリペイドSIMカード600バーツを買いました。

8日用でもっと安いSIMが良かったのですが、空港では売り切れだったので少し高いですがこれにしました。

空港内にAISの外国人用のSIM売り場があり、店員さんがセットアップまで全てやってくれます。

カウンターは、到着口のお店が並んでいる所にあり、すぐにわかると思います。(写真が無くてごめんなさい)

インターネットも使えるようになったので、チェンマイの町に向かいましょう!

空港からバスで旧市街へ

チェンマイの中心地、お寺やゲストハウス、飲食店やマーケットなどが集まっている場所は「旧市街」です。

空港から旧市街までの一番安く行けるのはバスでした。

空港と旧市街内をぐるっと走っている「スマートバス」に乗れば、20バーツで移動できます。

旧市街の中は歩いて回ることができるので、スマートバスで直接行くとすぐにご飯も食べられます。

チェックインにはまだ時間がある・・・お腹が空いていたので、まずは朝ごはん探しからスタート!

チェンマイで最初のごはん、やさしいお粥

空港からスマートバスに乗り、まずはチェンマイ門で降りてみました。

そしてチェンマイ門から方向も適当に歩いて行くと、朝からお客さんがいっぱいのお店を発見。

昨日から何も食べていないのでお腹ぺこぺこです。

地元の人もたくさんいて、美味しいお店かも!

メニューを見るとporridgeと書いてあり、長いフライトで疲れた体にぴったりのお粥を注文しました。

(他にもサンドイッチや卵料理、麺料理などのメニューもありました。)

チキンポリッジ:30バーツ

鶏肉のお粥には揚げパンやフライドオニオンがトッピングされています。

味付けはとても薄味で、お粥もトロトロでした。

タイは思っていたよりも意外と薄味なのかな?

お茶を頼むとやかんで持ってきてくれました。たくさん飲んで、飛行機でむくんだ体を何とかしたい。

お茶:10バーツ(やかんサイズ)

タイごはん、とっても安い!嬉しーな~。

チェンマイでの初ご飯、美味しかったです!

チェンマイ門から歩いてすぐの所にある「カイガタレートロット」という名前のお店で、朝6:00から14:00まで営業の朝食専門のようです。

ひとりでも気軽に入れることができますよ~!

朝ごはんを食べて、お腹がいっぱいになり元気が出てきました!

これから、予定なし計画なしでチェンマイを楽しもうと思います♪

つづく

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-タイ

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.