ベトナム

ベトナム一人旅【3日目パート②】チェー、マッサージ、バインセオ

投稿日:

【ハノイ3日目②】

唯一残されたハノイ城壁「東河門」からスタート。

徒歩かバイクのみ通ることのできる小さな門は、歴史が刻まれた古いレンガ造りです。

ハノイの街並み、は新しいものと古いもの、両方がうまく混ざり合った、独特の良さがありました。

皆大好き!ベトナムの甘いデザート。

「チェー(Che)」と言う可愛い名前のデザートがあります。

ベトナム式のあんみつや、パフェの様なスイーツです。

チェーは、ハノイでも道端の屋台や、レストランのメニューでも置いてある定番のデザート。

人気のお店にはどの時間帯も、地元の人から観光客までお客さんが一杯でした。

私も甘いものが大好きなので、食べてみることに。

「HOA BEO]はチェーが美味しいと有名なお店です。

みんな色んな種類のチェーを食べていました。

メニューがいっぱいあって、どれも魅力的なので迷います。

迷った結果、Caramen mitと書いてあった、ジャックフルーツ、プリンのチェーに決めました。

ベトナムの隠れたローカルスイーツ、プリンはコンデンスミルクを使っていると聞き、食べてみたかったので両方食べられるのが嬉しいです!

大きなプリンの下にはジャックフルーツと、亀ゼリー、餅、コンデンスミルクがかかっています。

すごく甘いですが、初めて食べるジャックフルーツが良いアクセントでした。

そしてプリンが何とも美味しいです~(笑)

私も今度、コンデンスミルクで作ってみよう。

一緒に氷も持ってきてくれて、好みで冷たくすることが出来ます。

氷が溶けると甘味もまろやかになり、また良い感じでした。

ハノイで贅沢な時間、ベトナムマッサージ

タイはマッサージで有名な国なので、そこら中にマッサージ店やスパがありましたが、実はベトナムもマッサージやエステが充実しています。

毎日歩き回って、足が限界・・・。

今日はベトナムのマッサージを自分にプレゼントすることにしました。

いくつかあるメニューの中で、気になったアロママッサージを受けてみることに。

1時間310000ドン(約1500円くらい)なので、日本に比べるとかなり安いですね。

優しいスタッフさんが、お部屋まで案内してくれます。

部屋もトイレも清潔で、とってもキレイな空間でした。

まずはフットバスで足を温めてから始まります。

ライムと生姜が入ったお湯はスッキリして気持ちが良かったです。

アロママッサージだけど、そんなに強い香りがしませんでした。

部屋全体に少し香りがするくらい、その中でマッサージしてもらうコースだったみたいです。

時間どおり十分なくらいリラックスできました。

タイ古式マッサージみたいに、決まった方式があるわけではありませんが、体が楽になってスッキリします。

足もかなり楽になりました!

今日はご褒美の日、ハノイで大きなバインセオ

マッサージが終わると、また雨が降り始めました。

近くにあったレストランへ入ってみます。

ベジタリアンメニューとノンベジメニューの両方があり、それぞれチョイスしてみました。

お酒のメニューもたくさんありました。

私が注文したのは、ハニージンジャーレモングラスティー。

すごく体によさそうな名前です。

生姜とレモングラスって合うんだ。

ベジタリアンミールスから選んだ、野菜メニュー。

生春巻きみたいだけど、皮が厚くてお餅みたいな食感でした。

ベトナムはライスペーパーや、麺の種類がたくさんあります。

そして、名前は聞いたことあるけど、食べたことがなかったバインセオ。

そして運ばれてきたのは、とても大きなバインセオでした!

一人で食べきれるかな?

店員さんが食べられるようにカットしてくれます。

もやしや豚肉を包んだ皮ごと、紙のような薄いライスペーパーで巻き、タレをつけて食べます。

バインセオは野菜がたっぷりで意外とヘルシー。

全部で1000円もしませんでしたが、それでも屋台に比べると高く、この日はご褒美の日と言うことにしておきます。

雨が強くなってきました。

どうやら今夜は嵐が来るようで、明日予定していた1日ハロン湾ツアーがキャンセルになったと連絡がありました。

一番楽しみにしていたハロン湾ツアー・・・。

ちょっと残念に思いながら、でもきっとまた違う楽しみに出逢えると思いながら眠りました。

明日は私の気持ち次第

思わぬ出来事があった時。

右に進みたいと思っても、強制的に左へ行かされることだって、生きている間、何度もありました。

楽しみにしていたことがダメになってしまった。

予定が狂ってしまった。

どうしても、心が沈んでしまいます。

だけどなぜ、あなたの思っていた方向へと事が進まなかったのでしょうか?

それはもっと良い道がある、と言うメッセージなのかもしれません。

出来事は、ただ起こります。

それに対して何を思うか、何を感じるかは私の自由なのです。

右へ行きたい!と思っていたのに、左へ行くしかない状況になった時。

それは悪い事ではなく、あなたの人生に時々訪れる小さなギフトです。

物事に執着すると、心も体も重くなってしまう。

「ああ、今はそっちへ行くときなんだ。」

そう思ったら、あなたの人生はもっと軽く、柔軟になっていくでしょう。

どっちに転んでも大丈夫なように、あなたはいつも守られていることに、ずっとずっと後になってから、気づくのかもしれません。

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-ベトナム

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.