タイ 飛行機

エア・アジア搭乗記。チェンマイから日本へ帰る時に焦った体験。

更新日:

空港では、早くて困ることはない

楽しいチェンマイでの旅を終えて、日本へ帰る日のこと。

往復ともに「Air Asia」を利用させてもらいました。

日本からバンコクを経由してチェンマイへ来た時は、初めから最後までなんの問題もなく快適に移動できました。

格安のチケットだと、どうしても色々心配してしまいますが、日本からチェンマイまでは何ともなかったので、帰りも大丈夫だろうと安心しきっていました。

国際線は空港に3時間前がベスト?

私は空港が結構好きです。

なので、日本でも外国でもフライトの3時間前以上には空港へ到着するようにスケジュールを立てます。

今回チェンマイ空港へは4時間くらい前に着きました。

「無事に空港に着いたから、もう大丈夫。」

この余裕が後で大変焦ることとなるのですが、その時はもう安心し切っていました。

まだチェックイン開始まで時間があるので空港でお土産を見たり、ご飯を食べよう。

優雅にご飯を食べたり、お土産をみたり・・・。

チェンマイ空港を隅々から見て回りました。

早くチェックインカウンターへ行けばよかったのにと、今なら思います。

エア・アジアのカウンターは大混雑

飛行機出発の2時間前。

そろそろチェックインを済ませようかな~とエアアジアのカウンターへ向かいました。

行ってみてびっくり!

「最後尾はどこだろう?先が見えない・・・。」

エア・アジアのチェックインカウンターは2つしかありません。

そして当然の様にどちらも長蛇の列でした。

さすがに長い行列だったのでウェブでチェックインできないかと近くのスタッフに聞いてみましたが、どうやらそれはできないらしく、並ぶしかないと言われます。

ですが、その時は「最終チェックインまで1時間半あるから大丈夫、それに、もう少ししたらスタッフも増えるかもしれない。」

全然焦ることなくぼ~っと並んでいました。

いやいや、間に合わないでしょ。と今なら思います。

あれ?間に合わないかも・・・!

すんなり手続きできる人もいれば、一人の対応に10分20分かかることもあり、なかなか前へ進みません。

内心少し焦り始めました。

そして周りもざわざわと、騒ぎ始めます。

スタッフも増えることなく、変わらずカウンターは2つのままで、時間だけがとても早く過ぎていきました。

最終時刻30分前でも、私の前には10人以上待っています。

「え・・・。もしかしたら間に合わないかもしれない。いや、このままだと絶対時間通りには終わらない。」

LCCのチェックインは時間にとても厳しく、最終時刻を1分でも過ぎれば乗せてもらえないと聞いていたので焦りました。

直行便ではなくバンコクで乗り換えるので、それにも間に合わないかもしれない。

とにかく焦っても、どうすることもできなくて、この短時間で色々な状況を想像しました。

そして最終時刻5分前に奇跡的に私の番になりました。

「早く!早く!」

スタッフも一生懸命対応してくれ、さっきまでのイライラは消えていきました。

間に合った~!良かった!

チェックインが終わり、ダッシュで出発口まで行きました。

出国前も大混雑

まだまだ手荷物検査、出国審査をしなければいけません。

チェックインカウンターから走って行きましたが、その前に来て、またもや大行列。

今度はさらに、列が訳わからないほど出国前エリアは大混雑していました。

あ~もう!

イライラしてもどうしても、こんな時はもうどうしようもないのです。

おとなしく混雑の中に進んでいきました。

結果的には飛行機に無事に乗ることが出来き、バンコクでの乗り換えもギリギリ間に合いました。

空港内で名前を呼び出されたのは初めてで、飛行機に乗り、自分の席に座ってもしばらく心臓がドキドキです。

ぐったりして、しばらく放心状態でした。

みんな同じ気持ち

バンコクで乗り換えの時、チェンマイ空港のエア・アジアのカウンターから一緒だった女性と目が合いました。

お互い日本人だとわかると、同じ境遇を一気に話し始めます。

「あれ、やばかったですよね!?」

「も~間に合わないかと思いました!」

5分くらいの間に、初対面の人とこんなに意気投合したのは初めてです。

その人は名古屋行き、私は成田行きだったのですぐに別れましたが、あの時の気持ちや焦りが共有出来てすごくスッキリしました。

名前も聞かず、ほんの一瞬の出来事でしたが、今でもはっきり覚えています。

もやもやしたまま日本に帰ることなく、気持ちを吐き出せたことは本当にありがたい出会いでした。

楽しい旅になるように・・・。

今回のことは、エア・アジアだけに限らず、空港ではまずチェックインを済ませてから買い物や食事を楽しもうと反省した出来事です。

今では思い出となりましたが、あの時は一人で焦り、不安でおろおろしていました。

その国の空港によって、また、航空会社によって状況が変わってきます。

早めの行動で悪い事は何もありません。

皆さんが最後まで旅を楽しめるように、今回私の反省が役に立てたら幸いです。

どうか、良い旅を!

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-タイ, 飛行機

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.