タイ

77億分の1の出会い。チェンマイで起きた奇跡。

投稿日:

77億分の1の確率だった奇跡の再会

チェンマイで起きた、一生忘れないような衝撃の出来事。

人生何でもありだと、この世界には無限の可能性が秘められていると思った、それはそれは不思議な事です。

神様は、なんてお茶目でいたずら好きなんだろうと思います。

チェンマイへ行った理由

南インドのヨガ旅から帰って来てすぐ、1か月以内に仕事を見つけ、慌てて就職しました。

インドへ行く前は仕事をきっぱり辞めていたので、日本へ帰ってからすぐに、何でもいいから働かなきゃ!とかなり焦っていました。

周りや家族からも、「何でそんなに焦っているの?」と言われたほど、焦りと不安で前が見えなくなっていたのだと思います。

そんな、よく考えもせずに就職した結果は、当然の様にうまくいきませんでした。

「あれ?私、何やってるんだろう?」

就職してすぐにそう思いました。

せっかく自分らしく生き始め、世界が広がり、とっても良い感じだったのに、何故ここへ来てやりたくないことを無理やりしているのだろう?

働くのは基本的に好きです。

でも、その時この選択はどう考えても違和感がありました。

そして、会社には申し訳ないのですが、就職して1か月で辞めてしまったのです。

人生で最短の出来事でした。

それからしばらくは、私には何もなくなってしまったかのように感じ、何をやってもうまくいかないのではないか・・・。そんなネガティブな思考回路に入ってしまいました。

いい感じだったのに、やっぱり私には自分の道を切り開いていくことはできないんだ。

ちょうど季節はお正月。新年早々つまずいてしまったかの様な気分でした。

久しぶりの落ち込み方に、自分自身どうしたら良いのかわからず、しばらく何もできない日々が続きます。

そして、ある日こう思いました。

「このままぐだぐだ悩んでてもしょうがない。何か行動に出よう。」

少しだけ違ったエネルギーの思考が浮かんできました。

「今までの私だったら選択しないような、自分でもびっくりするようなことをしてみたい。」

そこで、なるべくすぐに行ける、ビザも何も必要ない「タイ」へ行くことにしました。

今までの自分だったら、また焦って仕事を探すでしょう。

でも私は、限りあるこの命を、自分の可能性を信じて大空を飛ぶように生きてみたかったのです。

お金が不安・・・。将来が不安・・・。

でもお金のためだけに仕事をしていると今度は、本当にこのままで良いのか、と不安になります。

何かに迷ったとき、不安が原動力となった行動は、さらに大きな不安が生まれるだけでした。

幸いタイへ行けるだけのお金と、時間は十分にあります。

どっちを選ぶ?と自分に問いかけた結果、圧倒的にわくわくするのはタイへ行くことだったのです。

このまま沈んだ気分で生きていくより、一人でもかまわないから、食べたい物をお腹いっぱい食べて、行きたい所へ体全部を使って行く、そして心が明るくなる方向へ進んで行こうと決めました。

チェンマイで、ありえない人との再会

そんな理由でやって来たのはタイのチェンマイ。

友人がチェンマイにマッサージを習いに行き、とても良い場所だったと聞いていたので、他の場所ではなくチェンマイでのんびりしたいと思っていました。

毎日、心のままに過ごしました。

今、この瞬間、一番ハッピーでいられる方法を選択し続けました。

これからの人生で、最後まで付き合っていく自分の声をちゃんと聞きたかったからです。

美味しいものを食べたり、キレイなお寺を見て歩きました。

たくさん歩いて、たくさん食べて、たくさん眠って・・・。

それはまるで「食べて祈って恋をして」の主人公のようでした。

塞いでいた気分に少しずつ光と風が入っていく。

今日は何をしよう?何を食べよう?どこへ行こう?

生きることへ、ちょっとだけど前向きになってきました。

そしてチェンマイへ来て5日目、いつもと違うエリアを発見します。

ここは初めて通る道だな~。と思いながら細い道を歩いていると、前からバイクに乗ったインド人がやって来ました。

顔が見える距離まで近づいてくると・・・。

お互い顔を見合わせてビックリ!

なんとチェンマイの細い路地裏で正面から会ったのは、知り合いのインド人だったのです!

彼とは南インドのシバナンダヨガアシュラムで出会いました。

私が滞在していた1か月、一緒のヨガクラスに出たり、レクチャーを受けたり、サットサンの時間を共有していた内の一人です。

目が合えば挨拶したり、たまに会話するくらいの関係でしたが、1か月も同じアシュラムにいたので再会した瞬間にお互いすぐに気づきました。

「わ~!何でここにいるの?何してるの?」

ここはインドではないし日本でもありません。

遠く離れたインドで出会い、そこからまた別の場所チェンマイでの再会は、とても信じられませんでした。

彼も私と同じように一人でチェンマイに来ていました。日程もほとんど一緒です。

しばらく話した後、近くの公園を散歩しました。

彼はチェンマイでもヨガや瞑想をすること、私は食べ歩きや観光がメインの違う目的があったので、お互い良い旅を!と言うことで散歩した後に別れました。

ドラマや映画みたいにその後何か発展があった訳ではありませんが(笑)私の中ではとっても嬉しい出来事です。

彼との再会は地球上の人間77億人の1の確率です。

想像もしない場所で、思いもしなかった人と会うことは、私にとって神様からのメッセージのように感じました。

その日の夜、彼との再会を思い出して、少し嬉しくなって、人生のステキな可能性を思いながら眠りました。

人生は、何も間違っていない

「Nothing wrong with you.」

これは私の好きな英語です。

直訳すると「あなたに何の問題もない。」ですが、「なんにも間違ってないよ、そのままでいいんだよ」と言う優しいニュアンスを感じます。

このままでいいのかな?私の人生いったいどうなっちゃうんだろう?

生きているとたまに襲ってくる不安や恐れ。

考えても考えても答えが出ない時、さらに焦ることもあるでしょう。

しかし、その全てを含め、あなたは何も間違ってはいません。

少し顔を上げて、周りを見渡してみたなら、あなたを応援してくれるかのようなメッセージに気づくことでしょう。

チェンマイでインド人の知り合いに再会した事は、ただの偶然にはとても思えませんでした。

それは、誰かが私の選択を応援してくれているかのような、認めてくれているかのようなサインです。

私が不安や恐れに従って、日本に留まっていたなら、彼とは再会できなかったかもしれません。

意味が全くわからなくてもいいのです。

なぜならその出来事で、心が明るくなり、自分の行く道に自信が持てたからです。

行くべきところへちゃんとたどり着く

会うべき人に出会うことが出来る

この私という一人の人間は、たったの77億分の1かもしれません。

でもそのひとつに、想像もできないような、エネルギーに満ちた生命力が込められているのです。

人生は何でもありの自由な旅。

どこへ行くか、何をするかはその瞬間まで誰にもわかりません。

立ち止まっても、なかなか進まなくても、焦らなくて大丈夫。

それさえも全てひっくるめて、あなたは何も間違ってはいないのです。

時には大いなるものに自分をゆだねてみよう。

この瞬間、この瞬間の空気を感じてみよう。

あなたの中にある命は、ただやって来る奇跡を楽しんでいるだけなのだから・・・。

Profile


Sumi

今を楽しもう!がテーマ。海外ひとり旅、色んな国のおいしいもの、料理、ヨガ、英語、などなど楽しい趣味がいっぱい。読んでくれた人の心がほっこり温まるような記事を心がけてます♪

-タイ

Copyright© Mother style , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.